子どものイヤイヤ期 大人のイライラ期 

こんばんは
30年後の未来を創る子育てコーチ石谷二美枝です


魔の2歳児を育てているママさんから
いつまで続くんですかって聞かれました・・・・・・


ではそもそもイヤイヤ期って何でしょう?


イヤイヤ期とは
1歳頃から3歳くらいのお子さんが何にでも「イヤ」って言う状態で
「第1次反抗期」と言われたりします。


実は
イヤイヤ期は子どもの正常な自我の芽生えです。


子どもがやりたいのに出来ないジレンマや
思いがうまく伝えられない葛藤であり
自己主張ともいえます。


また
イヤイヤ言っても
自分のことを愛してくれるかどうかを
試しているということもあります。


イヤイヤ期に十分にイヤイヤ言えて
お母さんにしっかり受け取ってもらえると
感情のコントロールのできる大人になります。


長年親子さんに関わっていると
このイヤイヤ期が起こるほうが自然であり
イヤイヤ言える親子関係のほうが健全なんじゃないかと思います。


また
イヤイヤの強度っていうのかな~
度合いはお母さんのとらえ方次第で変わるように思います。


実は
私は娘たちがイヤイヤ言った記憶があまりありません。


おそらくイヤイヤ期を大変なことだとダメなことと
思っていなかったからだと思います。


ただ一度
娘が3歳くらいの時に
丸井さんの子ども服売り場でピンク色のワンピースがほしいと
駄々をこねられたことがあります。


それまでとても聞き分けが良い子(だと思っていた)だったので
相当ごねられましたが、お店で親子会議をしました。


どうして欲しいのか?とか
これじゃなきゃダメなのか?とか


でも結構高かったから無理だよと話しましたが
それでも譲らなかったので
この時は購入して帰宅しました。


帰宅後
そのピンクのワンピースを着て
クルックル回っていい気分の娘を見た時に


この子は自分の思いを伝えようとしいていたんだな~~
ごまかしたりしないでよかったな~~と思ったことは鮮明に覚えています。


イヤイヤ期が来ても
この子の心の成長のためにいらっしゃいませ~~と
歓迎してあげるくらいの心意気で・・・


イヤイヤ期を十分にイヤイヤやりきって
自己自制の訓練をさせましょう。


そして
イヤイヤ言う子をどうにかしようとするよりね


イライラする自分の心のグラスを満たす(平常心になれること)
心のサプリを見つけてお母さんの心のグラスを満たしてください。


心のサプリで自分を満たせば
イヤイヤ期にも付き合っていける気力が出てくると思いますよ~


それでもイヤイヤ期がどうしても耐えられない!!というママは
思い切って保育園やベビーシッターさんに預けてみるのもいいと思いますよ。


それこそ
イヤイヤ子育てをするより
自分の時間を持ってリフレッシュしたほうが
幸せな子育てになる・・と私は思います。


b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s.jpg

写真提供:写真AC様



この記事へのコメント